Monthly Archives: 7月 2014

女性の体の微妙なメカニズム

女って本当に何を考えているのかわからないな。男性なら日々の暮らしの中でそう思う瞬間が結構あるのではないでしょうか。同じ言葉を話しているにもかかわらず女性はまるで異星人かと思うくらい理解不能になることって多いと特に若い男性が漏らします。正論を言っても全く話が通じなかったり、突然怒り出したりすることがあったり、いきなり泣き出したり、また急に甘いものを食べたら機嫌が直ったり、などなど。たぶん多くの男性のニーズがあるからこそ、心理学的な切り口で女性の心を読み解こうとする本や雑誌の特集が多いですよね。女性がこういう仕草をしたら本音はこうなのですよ、というような感じですね。 Continue reading

Leave a Comment

Filed under 女性の仕草

相手に対する感謝の気持ち

男女ともに、お互いに助けられて生きているのだという相手に対する感謝の気持ちを忘れては絶対にいけないでしょう。尊重し、認め合い、感謝する努力を怠ることさえしなければ、男と女は感情や生き方の擦れ違いによる別れをもっと減らすことができるのではないでしょうか。自分に都合のいい欲求ばかりを主張して不満を募らせるということ自体も少なくなるように思えます。どちらかが、どちらかを支配する関係であっては最初はよくても絶対に長続きしないですからね。どちらも助け合って生きていく必要があるわけです。現代は、男と女が自分の都合のいいほうへばかり物事を運ぼうする傾向がどんどんと強くなって、擦れ違いの幅をますます大きくする方向に流されているように思えてなりません。 Continue reading

Leave a Comment

Filed under 役割

お互いの役割を尊重する

男は助ける性であり、女は助けられる性であると言われている。いつの時代であってもどこの国でも、男は困難に立ち向かう英雄である役割を望むことが多いし、女は王子様のような存在に助け出されるお姫様である役割を望んでいますよね。助ける、助けられるという相互関係が男と女との間に成立していれば、そのカップルは長く幸せを維持することができるのでしょう。男は女を助けている、という意識を持つことによって、誇り高く生きることができ、女は男に助けてもらっているという意識を持つことによって美しく輝くことができるのです。男はテストステロンを刺激されてより男らしく、女はエストロゲンを刺激されてより女らしく生きることができるのですよね。 Continue reading

Leave a Comment

Filed under 役割

女の役目

弱みを見せまいと閉じようとする男の脳をむやみにこじ開けようとすると男は抵抗するということがあるようですね。どこまで閉じたら危険なのか、その限界点を知らせるのは女の役目といっても過言ではないでしょう。男一人だけなら行きつくところまで行ってしまう危険性もありますからね。女はその情報量の多い脳で男の脳の中をよく見る必要があるのではないでしょうか。それをすれば男を守るということができますからね。それが女としての成長ということが言えるかもしれません。男は短期間の強いストレスにはめっぽう強いとも言われています。例えばアキパ系オタクの電車男が主人公の女性をゲットできたのも、彼女を助け出す勇気と彼女に対する究極の優しさがあったからでしょう。 Continue reading

Leave a Comment

Filed under 女ができる事