性に関わるホルモン

性に関わるホルモンだけは男性と女性でその分泌量や働きが異なるのですよね。子どもが成長をすると卵巣や精巣といった性腺が発達して、性ホルモンの分泌が高まってくるのです。それにより、女性は初潮や排卵が始まり、男性は精通が起こり、生殖能力を得るわけですね。それと同時期に体型などにも変化が表れてくるのですね。男性ホルモンは、アンドロジェンという男性生殖器の発育を促すホルモンで、精巣から分泌されるのですよね。それは性器の発達のほかに、体毛の増加や筋肉増強、声変わりを促し、そして性欲を高めるなどの作用があるのですね。女性ホルモンのほとんどは卵巣から分泌されるようです。女性器を発育させ、乳腺を発達させて乳房を大きくしたり、コラーゲンの合成を促進して肌の潤いを保たせるなど、体を女性らしくするホルモンなんですよね。また受精した場合に、受精卵を育てられるように子宮の状態を整えたり、体内に水分や栄養素を溜め込んだりする働きがあるようですね。そして、すべての性ホルモンは脳の視床下部から脳下垂体を通して伝わる命令をおもに性腺で受けて分泌されるのです。

Leave a Comment

Filed under 役割

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です