結婚しても不倫したいという男女

結婚を考えずに付き合いを始めたカップルは、なかなか結婚のタイミングが掴めないまま、惰性で付き合い続けて倦怠期、というケースもありますが、こういう相談所で知り合ったお相手というのは、お互いに結婚を望んでいるわけですから、それだけ結婚までの期間が短いのは当然といえるでしょう。 Continue reading

Leave a Comment

Filed under 役割

オーガズムに達しない女性

男性と違って、セックスのときにオーガズムに達しない女性も多いですよね。サルのメスもオーガズムを感じると言われています。でもそれはオーガズムのときに膣を収縮させて射精をうながすためだと考えられているのですよね。ヒトの場合も、オーガズムにより膣や子宮を収縮させることで、射精をうながすとともに、射精された精子を子宮へ効率よく吸い取っていると推測されているわけです。さらには、オーガズムに達することで、そのまま女性を安静にさせ、重力によって膣の外へ精子が流れだすのを遅らせているという説もあるようですね。祖先の女性というのは、セックスのときオーガズムに達していたのですが、知能の発達とともに女性が快感を得るのは恥ずかしいことだという心理的な作用から、本来あったはずのオーガズムを女性が抑圧してしまったのでは、とも考えられているようですよ。ただ、今の既婚者の出会い系サイトユーザーを見ているとどうもそんなこともなさそうですよね。少し前までの多くの女性が恥ずかしいことだと感じていたことを、恥ずかしいことだと感じない女性が増えてきているようにも思えます。特に既婚者女性の中にそのような感覚が多いように思えます。イギリスの生物学者ロビン・ベイカーによれば、無意識のうちに女性は優秀な遺伝子をもっていると考えられる男性が相手のときに、もっとも受精しやすいタイミングでオーガズムに達していると言うのです。

Leave a Comment

Filed under 女性の体

心のバランスを保つ為に出会い系サイトを使う主婦達

異性を見たり、聞いたり、さわったりといった外的刺激によって、性欲というものは起きるわけです。主に大脳新皮質が性欲をコントロールしているので、性欲を感じる刺激は人によりかなり異なると言われています。それまでの体験や学習による影響も大きいわけですね。たとえば、女性の足を見ただけで強い性欲を感じる人もいれば、女性の足にはまったく何も感じない人もいるということですね。一般的に男性のほうが、女性より性欲が強いとも言われています。これは性欲が男性ホルモンの影響を強く受けているからなのでしょう。また男性のほうが視床下部の性欲を感じる部分が大きいからだと推測されているようです。男女ともに年齢を重ねると、性欲も少なくなっていくわけです。特に女性は生理がなくなる閉経後は女性ホルモンの分泌も減少するために、性欲が減退することが多いと言われています。また動物の発情とは、ホルモンの作用により動物のオスとメスが交尾可能な状態になることのようです。発情期というのは、発情が起きる一定の期間のことを指すわけですね。ヒトと違ってほとんどの動物は、発情期にしか交尾をしないわけですね。一般的に男性のほうが、女性より性欲が強いと言われるわけですが、最近は少し違った現象もみられるようです。特に主婦ですね。主婦の出会い系サイト使用率の高さは、一時期社会問題にもなったくらいですから。主婦が出会い系サイトを使う理由とはいったい何なのでしょう。それはただ性的欲求を満たしたいというだけではなく、精神的に深く充たされたいという思いが強いのではないでしょうか。主婦が書いている色んな出会い系サイトの体験談を読んでいると、そのあたりのことがよく分かります。心のバランスを保つ最終的な手段として出会い系サイトを使っている主婦がかなりの数存在するのかもしれませんね。

Leave a Comment

Filed under 女性の体

ホルモンのバランス

自律神経のバランスが崩れるとホルモンのバランスも影響を受けて崩れてしまうことがありますよね。女性ホルモンの分泌というのは生理の周期によって絶えず大きく変動しているのです。分泌量が多いときと少ないときでは数十倍も違うようなんですね。女性はときとして、わけもなくイライラしたり、泣きたくなったり、あるいは平和で満ち足りた気持ちになったりと、気持ちの浮き沈みというのが男性に比べると本当に大きいのです。わずかな量によって保たれる微妙なホルモンバランスが、そうした女性の心の状態に深く関わっていると言われています。エストロジェンの分泌量が低下しているときには脳機能も低下しやすいという傾向があって、セロトニンの受容体の機能も脆弱になってしまうので、うつになりやすいといわれているんですよね。 Continue reading

Leave a Comment

Filed under 女性の体

性に関わるホルモン

性に関わるホルモンだけは男性と女性でその分泌量や働きが異なるのですよね。子どもが成長をすると卵巣や精巣といった性腺が発達して、性ホルモンの分泌が高まってくるのです。それにより、女性は初潮や排卵が始まり、男性は精通が起こり、生殖能力を得るわけですね。それと同時期に体型などにも変化が表れてくるのですね。男性ホルモンは、アンドロジェンという男性生殖器の発育を促すホルモンで、精巣から分泌されるのですよね。それは性器の発達のほかに、体毛の増加や筋肉増強、声変わりを促し、そして性欲を高めるなどの作用があるのですね。女性ホルモンのほとんどは卵巣から分泌されるようです。女性器を発育させ、乳腺を発達させて乳房を大きくしたり、コラーゲンの合成を促進して肌の潤いを保たせるなど、体を女性らしくするホルモンなんですよね。 Continue reading

Leave a Comment

Filed under 役割

女性の体と心の関係

口喧嘩になると女性に勝てる男性は少ないとはよく言われることですよね。何年前のあのとき、あなたはこう言ったわよね、なんて感じで、女性は過去の細かいことまで本当によく覚えているものですよね。また子どもが産まれると、夫よりも赤ちゃんにおっぱいを吸われたほうが気持ちいいという女性がいるようですね。有名な映画にハート・オプ・ウーマンというのがあります。メル・ギブソン演ずる主人公は、男臭い男の代表のような人物で、女心など気にしない、パツイチのやり手広告マンでした。それがある事故をきっかけに、女性の心の声が聞こえてしまう特殊な能力を持ってしまうわけです。 Continue reading

Leave a Comment

Filed under 役割

女性の体を理解する

男性にとって女性の体を理解するというのは本当に難しい事です。生理痛が具体的にどんな感覚かなんて絶対に分からないですからね。生理以外にも、セックス、妊娠、出産、更年期などなど、男性が経験できない女性だけの感覚というのは本当にたくさんありますよね。ふだんの生活のさまざまな局面で、女性の体は何をどういうふうに感じているか、もし男性が少しでも理解することができれば、もっと深くコミュニケーションが取れるようになるかもしれません。女性特有の身体感覚、体の内部での微妙な変化、そのようなものが感情や行動にどう表れるのか理解することは難しいことではありますが必要だと思います。生理の前は女性ホルモンのバランスが急激に変わるのですよね。 Continue reading

Leave a Comment

Filed under 女性の体

女性の体の微妙なメカニズム

女って本当に何を考えているのかわからないな。男性なら日々の暮らしの中でそう思う瞬間が結構あるのではないでしょうか。同じ言葉を話しているにもかかわらず女性はまるで異星人かと思うくらい理解不能になることって多いと特に若い男性が漏らします。正論を言っても全く話が通じなかったり、突然怒り出したりすることがあったり、いきなり泣き出したり、また急に甘いものを食べたら機嫌が直ったり、などなど。たぶん多くの男性のニーズがあるからこそ、心理学的な切り口で女性の心を読み解こうとする本や雑誌の特集が多いですよね。女性がこういう仕草をしたら本音はこうなのですよ、というような感じですね。 Continue reading

Leave a Comment

Filed under 女性の仕草

相手に対する感謝の気持ち

男女ともに、お互いに助けられて生きているのだという相手に対する感謝の気持ちを忘れては絶対にいけないでしょう。尊重し、認め合い、感謝する努力を怠ることさえしなければ、男と女は感情や生き方の擦れ違いによる別れをもっと減らすことができるのではないでしょうか。自分に都合のいい欲求ばかりを主張して不満を募らせるということ自体も少なくなるように思えます。どちらかが、どちらかを支配する関係であっては最初はよくても絶対に長続きしないですからね。どちらも助け合って生きていく必要があるわけです。現代は、男と女が自分の都合のいいほうへばかり物事を運ぼうする傾向がどんどんと強くなって、擦れ違いの幅をますます大きくする方向に流されているように思えてなりません。 Continue reading

Leave a Comment

Filed under 役割

お互いの役割を尊重する

男は助ける性であり、女は助けられる性であると言われている。いつの時代であってもどこの国でも、男は困難に立ち向かう英雄である役割を望むことが多いし、女は王子様のような存在に助け出されるお姫様である役割を望んでいますよね。助ける、助けられるという相互関係が男と女との間に成立していれば、そのカップルは長く幸せを維持することができるのでしょう。男は女を助けている、という意識を持つことによって、誇り高く生きることができ、女は男に助けてもらっているという意識を持つことによって美しく輝くことができるのです。男はテストステロンを刺激されてより男らしく、女はエストロゲンを刺激されてより女らしく生きることができるのですよね。 Continue reading

Leave a Comment

Filed under 役割

女の役目

弱みを見せまいと閉じようとする男の脳をむやみにこじ開けようとすると男は抵抗するということがあるようですね。どこまで閉じたら危険なのか、その限界点を知らせるのは女の役目といっても過言ではないでしょう。男一人だけなら行きつくところまで行ってしまう危険性もありますからね。女はその情報量の多い脳で男の脳の中をよく見る必要があるのではないでしょうか。それをすれば男を守るということができますからね。それが女としての成長ということが言えるかもしれません。男は短期間の強いストレスにはめっぽう強いとも言われています。例えばアキパ系オタクの電車男が主人公の女性をゲットできたのも、彼女を助け出す勇気と彼女に対する究極の優しさがあったからでしょう。 Continue reading

Leave a Comment

Filed under 女ができる事